葉酸のモノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型の違いは何?

葉酸の種類には「モノグルタミン酸型」のものと「ポリグルタミン酸型」のものの2種類があります。
厚生労働省が推奨していて妊活・妊娠期に飲むべきものは「モノグルタミン酸型」の葉酸になります。

 

 

ポリグルタミン酸型葉酸はほうれん草などの食べ物に含まれている天然の栄養素ですが、モノグルタミン酸型の葉酸は人工的に作られたものでサプリメントや健康食品に含まれています。
天然素材のポリグルタミン酸型の葉酸の方が体に良さそうなイメージですが、厚生労働省が胎児の先天性異常を低減する効果があるとして推奨しているのはモノグルタミン酸型の葉酸です。

 

ポリグルタミン酸型の葉酸には先天性異常のリスクを減らすことができるなどの科学的根拠は不明です。
また、非常に熱に弱くて水にも溶けやすいので体内でほとんどが吸収されずに排出されてしまいます。

 

実際に売られている葉酸サプリの中には、天然というと聞こえがいいために、科学的根拠がなく吸収の悪いポリグルタミン酸型の葉酸を採用しているものもあります。
こういった葉酸サプリは効果も期待できないうえに、葉酸の抽出にもコストがかかるため値段も高くなってしまいます。

 

葉酸サプリを選ぶときは必ず厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型のものを選ぶ必要があります。

 

 

私も飲んでいたAFCのmitete葉酸サプリはきちんと先天性疾患が予防できるモノグルタミン酸型の葉酸サプリです。
コストも葉酸サプリの中ではかなり低くおさえられていて品質も良いので妊活・妊娠期に飲むのにはおすすめです。

 

私のAFCのmitete葉酸サプリの効果口コミレポはこちら

 


⇒AFC女性100人の声から生まれた【mitete葉酸サプリ】の詳細はこちら