葉酸サプリはいつからいつまで必要?妊婦の6割は間違っていた!

最近は胎児の先天性異常を防ぐために妊娠時の葉酸の摂取が一般的になりました。
2012年の妊婦を対象にしたアンケートによると妊娠中に葉酸を摂取してた人は8割を超えています。
ですが妊娠前から摂っていたという人は4割弱という結果になりました。

 

一番重要な時期は妊活中!葉酸の摂取時期


胎児の形成に一番影響を与える時期は妊娠超初期である0〜4週目になります。
妊娠が分かるのは5,6週目くらいになるので、分かってから飲み始めては一番重要な時期に摂取することができません。

 

妊活をすると決めた時点で葉酸をしっかり摂ることを意識することが大事です。

 

また、葉酸には造血効果があるので、子宮内膜が強化され血流もよくなって精子も着床しやすくなります
着床した後は受精卵の成長を促す効果もあるので妊娠の成功率も高まります

 

妊娠の時期別の葉酸摂取の目安量

  妊娠前・妊活中 妊娠中 産後授乳期
食品からの葉酸推奨値 240μグラム 480μグラム 340μグラム
サプリメントからの葉酸推奨量 400μグラム 200-300μグラム 100μグラム

 

妊活・妊娠中の女性の葉酸の必要摂取量は普段の食事とは別にサプリメントで摂ることを厚生労働省も推奨しています。
実際に胎児の先天性障害のリスクを下げる効果が実証されているのはサプリメントの合成葉酸のためです。

 

普段の食事からは野菜を使ってバランスのよい食事を心がければ必要な葉酸は摂取できます。
厚生労働省の国民健康・健康調査によれば、日本人の20代女性平均は1日217μグラム、30代女性平均では233μグラムの葉酸が摂取できているそうです。

 

妊活中〜授乳中は健康的な普段の食事にプラスしてしっかりとサプリで葉酸を摂ることが必要です。
授乳中も胎児の健康に葉酸は必要な栄養素になりますので母乳以外からしっかり栄養がとれる時期になるまでは続けた方がいいと思います。
葉酸の1日の上限値は1000μグラムなのでそこだけ気を付けて飲んでくださいね^^

 

コスパ良し品質良しのおすすめ葉酸サプリはこれ!

 


⇒AFC女性100人の声から生まれた【mitete葉酸サプリ】の詳細はこちら

 

私のAFCmitete葉酸サプリの体験口コミはこちら