葉酸サプリの正しい選び方!@注目ポイントを解説

 

妊活や妊娠中に活用したい葉酸サプリは、どのように選べばいいのでしょうか。
葉酸サプリを選ぶときのポイントについて、まとめてみました。

 

葉酸摂取量1日400ugが配合されているもの

妊娠中の葉酸摂取量目安は480ugとなっています。
普段の食事でも葉酸は摂取しますのでそれを差し引いて400ugをサプリから摂取することを目指すとよいでしょう。

 

葉酸サプリを選ぶときの基本として、1日分で葉酸400ugがきちんと摂取できるものを選ぶようにします。

 

 

安全性の高いものを選ぶ

葉酸サプリを選ぶときにはできるだけ安全性の高く、危険な無添加が加えられていないものを選ぶのが安心です。
特に気を付けたいのは、アセルスファムカリウムショ糖脂肪酸エステルというもので、これらはサプリメントに添加されていることが多いですが、ダウン症やアレルギー症の原因になることがあります

 

 

モノグルタミン酸型葉酸を選ぶ

葉酸には、食品から摂れる「ポリグルタミン酸型」と合成された「モノグルタミン酸型」とがあります。
この2つのうち、厚生労働省が推奨しているのはモノグルタミン酸型の方です。
その理由は葉酸吸収率が高いため、効率よく摂取できるからです。

 

そしてモノグルタミン酸にも天然由来のものと石油由来のものがあります。
モノグルタミン酸で天然由来の葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

 

 

そのほかの栄養素を確認

葉酸サプリには他の栄養素も含まれているものが多いので、配合されているものを確認することも大切です。
葉酸を含めたビタミンは、単体で働くものではありません。
より効果的にするために、複数の栄養素をバランスよく配合しているものを選ぶのがポイントです。
鉄分・カルシウム・ビタミンB6・ビタミンB12は葉酸と協力関係にありますし、最低限配合されていてほしい栄養素です。

 

 

飲みやすいものを選ぶ

妊娠中は体調が安定しないことも多く、飲みにくいタイプのサプリは続かなくなってしまいます。
臭いや味が強いものや、錠剤のサイズが大きすぎて飲み込みにくいものは避ける方が無難でしょう。

 

 

予算にあったものを選ぶ

葉酸サプリは、妊娠前から妊娠、授乳期間中まで長期にわたって服用したいサプリです。
ですので、あまりに価格が高いものを選んでしまうと、途中で続けるのがしんどくなってきたりします。
ですので、自分の予算に合ったものを選ぶことで、続けやすくなりますよね。

 

以上、葉酸サプリの選び方で気を付けたいことをまとめてみました。

 

これらの条件に合う葉酸サプリを選び抜いた結果、私はAFCの葉酸サプリを飲んでいます。

 

AFCのmitete葉酸サプリは、小粒で飲みやすく天然由来のモノグルタミン酸型葉酸をしっかり400μグラム摂取できますし、妊活妊娠期に必要なビタミンなどの栄養素も網羅されています。
完全な無添加ではありませんがその分値段はかなり安くなりますし安全性の高い材料のみ使用されています。

 

 



⇒AFCmitete葉酸サプリの最安値ショップはこちら

 

関連記事

私のAFCのmitete葉酸サプリの体験口コミはこちら

薬局やドラッグストアの安い葉酸サプリって危険?違いは何?